「お金を借りる」って言うな!

「お金を借りる」って言うな!

貸金業法改正前から消費者金融業者のキャッシングやカードローンを利用していた人にとって、痛手のひとつとされている総量規制ですが、銀行などの金融機関が事業として行っているカードローンの場合は総量規制外となることが知られるようになりました。

 

銀行のカードローンを利用する場合には消費者金融業者の審査よりも厳しい審査基準に当てはまらなければなりません。そのため、審査に通るためには定職に就いていることはもちろん、安定した収入があって、他社からの借入額がないことなどが求められます。

 

また、銀行のカードローンサービスの多くは、消費者金融業者のように即日審査、即日振込みといったようにスムーズにいかないことがあり、実際に融資が行われるまでに長い日数が経過してしまうといった場合があることを認識する必要があります。

 

ただし、銀行のカードローンサービスの審査に通った場合には消費者金融業者の設定している貸付金利よりもずっと低い基準で借り入れを行うことができ、また銀行のカードローンを利用していることは社会的信用のあることの表れともいえます。

 

お金を借りたい お金を借りる方法とは

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

各金融業者から現金を借入れることができるサービスであるキャッシングサービスを利用するにあたっては、その借り入れ金額の上限金額として、二つの要因によって制限が設けられていることを知っておくといいでしょう。

 

まずひとつが、各行社による制限です。これは借り入れ枠、キャッシング枠などと呼ばれるものであり、各業者のサービスごとに上限金額が決まっているほか、個々人ごとに、その上限の範囲内で数値が決定されるものとなっています。ひとつの業者からサービスを利用して借入れることができる限度額がこの数値なのです。

 

もう一方が、近年改正、施行された貸金業法によって定められている、総量規制と呼ばれる制度による上限金額です。これは、キャッシングを利用して借入れることができる全体の金額について定めたものであり、その金額は、個々人の年収の三分の一までとなっています。

 

つまり、ひとつの業者からであれ、複数の業者からであれ、貸金業法の下で営業を行っている消費者金融などのキャッシングサービスを利用して借入れることができる金額は、年収の三分の一までと規定されておリ、それを上回る借り入れは、原則としてできなくなっているのです。

 

キャッシング最短30分で審査に通過ナビ

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

総量規制とは借り過ぎ・貸し過ぎの防止のために定められた法律で、借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たに借り入れすることができなくなります。また、借り入れの際には基本的に「年収を証明する書類」が必要になりました。

 

この総量規制は、平成18年に従来の法律が改正され、新たに定められました。その中にこの「総量規制」も定められています。近年、返済しきれないほどの借金を抱える「多重債務者問題」が深刻になり、この解決策の一つとして総量規制があります。

 

しかい、今まで借り入れを繰り返し、なんとか返済の計画を立てていた、主婦や低所得者が返済に困り、クレジットカード枠の現金化や高金利の貸金業者に走ってしまうという問題点も懸念されています。しかし、法改正は今まで高い金利で融資していた消費者金融が低金利で貸し出すなどの良い面も生まれました。

 

また、貸金業法は消費者金融や信販会社に適用されますが、おなじくカードローン商品を有する銀行はこの総量規制を受けません。銀行は銀行法におっとるからです。ですから、銀行のカードローンであれば年収の3分の1を超える借入も可能です。

 

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

消費者金融のキャッシングは緊急にお金が必要な時に、とても頼りになります。そのサービスの中でも最もありがたいのが、借入れの申込みが非常に簡単だということと、申し込んだその日のうちに融資されるという点です。

 

携帯やスマホやパソコンで申し込むと、消費者金融では申込み者の口座にすぐお金を振り込んでくれます。近所のコンビニのATMで引き出せますので、とても簡単に借りることができます。ただし、最近では借りる限度額が決められています。

 

国の方針で総量規制という制度が導入されて、借りるお金の限度額が、年収の3分の1までと決められたのです。年収が300万の人なら100万円までしか借りることができません。この制度は消費者金融が総量規制対象となっています。

 

そのため消費者金融のキャッシングでは年収の3分の1までしか借りることができません。しかし消費者金融以外の銀行は総量規制対象外になっていますから、銀行のキャッシングなら借りるお金の限度額はありません。消費者金融で限度額一杯借りていても、銀行のキャッシングで借りることは可能なのです。

 

フリーローンで借入しよう おすすめランキング

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

カードローンはとても便利な金融商品です。急な出費にも対応することが可能な金融商品です。しかし、誰でも利用できるわけではないのです。利用前に所定の審査がありますので、その審査に通過しなければならないのです。

 

 そこで総量規制の話が出てきますが、この総量規制は年収の3分の1以上の新たな借入は利用できないという制約で、貸金業者に適用されます。単純に年収300万円なら100万円までです。既に借入があるならその分も差し引かれます。

 

 ただし、この制約を受けるのはあくまでも貸金業者です。銀行は貸金業者ではないのです。これは銀行ならではのメリットではありますが、そのような制約がない分、審査も厳しいものになります。当然時間もかかります。

 

 銀行での審査が通過すればいいのですが、そうでなければ貸金業者を利用するしか方法はないのです。自分の年収と照らし合わせていくらまでなら利用できるか計算して申し込みをする必要があります。よく確認をして利用申し込みをする必要があります。

 

プロミスでお金を借りる

続きを読む≫ 2014/04/29 18:12:29

ホーム RSS購読 サイトマップ